お中元豆知識 | お中元


アーカイブ : お中元豆知識

お中元 アンケート

お中元は毎年贈るものではありますが、お贈りする商品や金額などは時代とともに変化するものです。

何かと迷う事もあるのでは?

そんな時にアンケートがあると非常に参考になります。

実はアサヒビールがアンケートを取ってくれています。

良かったらご参考に。

アサヒビールアンケート

お中元 由来

お中元の由来は元々は中国から来ているようです。
中国・道教には「三元」という行事があります。
この三元が由来だという説が有力のようです。

ちなみに三元とは上元(じょうげん)・中元(ちゅうげん)・下元(かげん)の3つの行事を合わせて三元。

三元のそれぞれの行事が行われる時期は下記の通りです。
上元 旧暦の1月15日
中元 旧暦の10月15日
下元 旧暦の10月15日

では、この三元が日本にはどう伝わったか?

実は中元が日本に伝わり、盂蘭盆(うらぼん)の行事となり、ご先祖様の霊を供養するようになったのです。
そして、ご両親にも食べ物を贈る様になりました。

お中元はこの習慣が起源と言われています。
この事が目上の方やお世話になった方にも贈り物をするようになったわけです。

ちなみに、このお中元は古くは室町時代にお公家様の間で広まり始めました。
ところが、江戸時代に入るとこのお中元の習慣が庶民の間でも広がり始め、今に至ると言うわけです。

お中元 のし

お中元ののしについて少しご紹介します。
実はのしはお中元を贈る時期によって書き方が変わります。

例えば、7月初旬~15日までの中元の間では「御中元」と書きます。
ところが、中元が過ぎた、7月16日~立秋までは「暑中御見舞」。
また、立秋~9月上旬になると「残暑御見舞」と書くと良いと言われています。

また、お中元の時期も関西や関東、など、その地域地域によって違う事も多々あります。
せっかくのお中元ですので、のしの書き方にも注意したものですね。

お中元 お礼状

お中元をいただいた場合は基本的にはお返しをする必要はありません。
ただ、感謝の気持ちを込めてお礼状はお返しするのが良いでしょう。

気持ちをお伝えするだけではなく、実際にお中元が届いた事をお知らせする意味でも必要ですね。

最近はお手紙を書く機会も減っていますので、できれば、電話などで済ませてしまわないでお手紙を書くのをおすすめします。
そのほうが、きっと先方様にも感謝の気持ちもより伝わるでしょう。

また、お礼状の内容は贈っていただいた品物に対する事だけではなく、先方の心遣いに対しての感謝の気持ちを伝える事がポイントですね。
また、ご家族や奥様への心遣いの一言を添える事も非常に大切な部分ではないでしょうか。

お中元 マナー

お中元は本来なら、お渡ししたい方のところへ直接お伺いし、お礼を添えてお渡ししたいところですね。

ところが、現実には遠方の方だったり、お互いに忙しかったりする場合もたくさんあります。
その為に、最近では、少し寂しい気もしますが、インターネットの通販やまた、ショップや店舗さんから直接贈っていただく事も増えて来ました。
それはそれで非常に便利なので時代の流れと共に仕方ないところかもしれません。

ただ、直送される場合も、挨拶状を一緒に同封する、またはお中元が届く事前に、お手紙を出しておくのが良いですね。
いきなりお中元が届いても先方様も驚くかもしれません。

お手紙の内容は、もちろん、ご挨拶も大事ですが、何をいつ、どこからお贈りしたかを書いておくと良いですね。
特に生鮮食品などの場合は、先方様は助かるのではないでしょうか。

お中元はお世話になった方へお礼の気持ちをこめてお贈りするものです。
ですので、逆にいただいた場合は通常お返しをする事はありません。

▲Page Top